交通事故の被害にあった被害者は様々な対応に追われることになるのは間違いありません。怪我の治療に専念しないといけないものの、慣れない保険会社との対応や病院への対応をしないといけないため、どうしても精神的なストレスは大きくなっていくものです。怪我に苦しみながら保険会社と適切な交渉を行うのはそう簡単なことではありません。精神的な疲労も影響し、保険会社の言いなりになってそのまま進めてしまう方もいるものの、これは大きな間違いです。加害者側の保険会社が提示してくる示談金額は妥当な金額ではありません。保険会社は公平な第三者の立場にはありませんので、あくまでも営利目的の会社側に都合の良い金額が提示されているのが基本です。

加害者の保険会社が提示する示談金の金額は低いという噂を耳にしたことはないでしょうか。それはウソではありません。事故の被害者に対して最初に提示される示談金の金額が,法律上請求することのできる最高額になることはまずありません。保険会社は,損害を補償することを仕事にしていますが,裁判所のような公平な第三者ではありません。むしろ,被害者の方が賠償金を「もらう側」だとすれば,保険会社は賠償金を「払う側」ですから,被害者の方とは真っ向から対立する関係となります。なるべく示談金を払いたくないのは当然のことです。

だからこそ、弁護士費用を考慮した場合でもほとんどのケースで十分に上回る賠償金額を得られるのが大きなメリットになるといえるでしょう。弁護士費用特約が付いているのなら、弁護士費用の心配もなくなります。弁護士に依頼するメリットは多岐に亘っているのが事実です。実際に多くの方が弁護士に依頼して対応しているのはそれだけのメリットがあると認識しているからといえるでしょう。自らは治療に専念すれば、精神的にも安定していくはずです。そして妥当な賠償金額獲得にも繋がっていきます。

当サイトでは交通事故被害を弁護士へ相談するメリットについて解説しています。被害者の方が全てを対応するのはできないことではないものの、あまり現実的ではありません。専門家である弁護士がサポートしてくれる意味は非常に大きいです。