後遺障害の認定問題

交通事故によっての怪我が完治した場合にしても、必ずしも元通りになる訳ではありません。医師がこれ以上は改善しないと判断して完治となる場合もあります。そしてこの場合は後遺障害の認定を申請するのが基本です。保険会社を通じて申請するのも自分で申請するのも問題ありません。保険会社が支払う保険金額を決めるために事前認定は必要不可欠です。等級が高くなるほど支払われる保険金も高くなっていくため、高い等級を獲得できるかが重要になっていきます。

自分の怪我が一体何級が相当するかを適切に判断するのは難しいものです。認定結果が不当であると思ったのなら、異議申し立てをして再度審査を要求できます。そして、訴訟で等級を争うことも可能です。等級認定の結果が出たのなら、まずは一度弁護士に相談をした方が良いでしょう。等級が認定されてもその結果を甘んじて受け入れる必要はなく、まだできることは確かにあります。

どの等級に相当するかによって大きな未来が変わっていくといっても過言ではありません。弁護士に依頼すれば費用はかかってしまうものの、その費用以上の効果を得られる場合は少なくないです。高い等級を獲得できるかは弁護士次第といっても過言ではありません。

{ Comments are closed }

休業中の生活費の問題

交通事故に遭ったことが理由で休業しないといけなくなるケースは多々あります。となると、当然ながら相手方の保険会社より事故前の収入に応じて休業損害が支払われる流れになっていくものです。この場合は保険会社に対して本人の収入面を証明するための書類を提示する必要があります。会社員であるのなら給与明細を提出すれば証明するのはそう難しくはないでしょう。これが自営業者の場合は立証がどうしても難しくなってしまいます。

休業補償が支払われる期間は休職している期間あるいは完治までとなります。しかし、まだ治療を継続したいにも関わらず、保険会社から休業補償を打ち切られてしまう場合もない訳ではありません。となると、どういった対応をすれば良いか頭を悩ませる方も少なくないのは理解できるはずです。

これらの問題を解決するにあたっても、専門的な知識と経験を有する弁護士に依頼するのが望ましいといえます。必要な書類を用意すれば適切な対応をしてくれるのは間違いありません。そして、保険会社との交渉という面においても心配することはなくなります。どういった対応をするかによって得られるお金は大きく変わっていくからこそ、専門家である弁護士の存在する意味は大きくなっていくといえるでしょう。

{ Comments are closed }

保険会社からの示談金

交通事故の専門家である保険会社は被害者に対して親身になってくれるのが当たり前です。そして、妥当な金額を提示してくれていると考える方も少なくないものの、実際には慰謝料が低額である場合も少なくありません。そして休業補償の支払い期間の問題がある場合もあります。あくまでも保険会社営利目的の会社であると認識した方が良いでしょう。全てを保険会社の言いなりに対応してしまうと、後に後悔する可能性は大いにあるのが事実です。慰謝料は精神的な苦痛をお金に換算するためには、抽象的な損害であるからこそ、曖昧な対応をされてしまうことも少なくありません。

保険会社から示談金の提示があった場合、必ず弁護士に相談をすべきです。弁護士という存在がいるだけでも保険会社は適切な対応をしないといけないと思います。そして、専門的な知識と経験があるからこそ妥当な金額にまで引き上げができるのが大きいです。

被害者の方が全て対応できないとはいえないものの、慣れないことによる精神的な疲労は想像以上に大きいものです。そしてこれで良いかと思って妥協した選択をしてしまう方も少なくありません。第三者であるとともに、専門的な知識と経験を有している弁護士に対応してもらえれば、全てが万事解決です。

{ Comments are closed }

交通事故被害と弁護士

交通事故の被害にあった被害者は様々な対応に追われることになるのは間違いありません。怪我の治療に専念しないといけないものの、慣れない保険会社との対応や病院への対応をしないといけないため、どうしても精神的なストレスは大きくなっていくものです。怪我に苦しみながら保険会社と適切な交渉を行うのはそう簡単なことではありません。精神的な疲労も影響し、保険会社の言いなりになってそのまま進めてしまう方もいるものの、これは大きな間違いです。加害者側の保険会社が提示してくる示談金額は妥当な金額ではありません。保険会社は公平な第三者の立場にはありませんので、あくまでも営利目的の会社側に都合の良い金額が提示されているのが基本です。

加害者の保険会社が提示する示談金の金額は低いという噂を耳にしたことはないでしょうか。それはウソではありません。事故の被害者に対して最初に提示される示談金の金額が,法律上請求することのできる最高額になることはまずありません。保険会社は,損害を補償することを仕事にしていますが,裁判所のような公平な第三者ではありません。むしろ,被害者の方が賠償金を「もらう側」だとすれば,保険会社は賠償金を「払う側」ですから,被害者の方とは真っ向から対立する関係となります。なるべく示談金を払いたくないのは当然のことです。

だからこそ、弁護士費用を考慮した場合でもほとんどのケースで十分に上回る賠償金額を得られるのが大きなメリットになるといえるでしょう。弁護士費用特約が付いているのなら、弁護士費用の心配もなくなります。弁護士に依頼するメリットは多岐に亘っているのが事実です。実際に多くの方が弁護士に依頼して対応しているのはそれだけのメリットがあると認識しているからといえるでしょう。自らは治療に専念すれば、精神的にも安定していくはずです。そして妥当な賠償金額獲得にも繋がっていきます。

当サイトでは交通事故被害を弁護士へ相談するメリットについて解説しています。被害者の方が全てを対応するのはできないことではないものの、あまり現実的ではありません。専門家である弁護士がサポートしてくれる意味は非常に大きいです。

{ Comments are closed }